www.syriancc.org

破産の申告をしてしまうと知人・友人明らかになってしまうのではないか、と人に知れることが恐ろしいと思われている債務者の方もいるかもしれませんが自己破産をしてしまっても裁判所から勤務先などに通達がいくことはないので、一般的なケースにおいては露見してしまうことはないです。また、ごく普通のケースでは、自己破産というものの申請後であれば、債権者から自分の同僚に催促の書類が送られるということもないでしょう。ただし自己破産による債務整理の申立てを公的機関に実行するまでの間ならば金融会社から自分の上司に通達がなされることもあり得ますので、そういった原因で事実が知れ渡ってしまうようなことが十分にあり得ますし月々の給金の差押えを実行されてしまうと会社に知られてしまうことになってしまいます。そのような不安がどうしても頭をよぎるのであれば司法書士ないしは弁護士などに自己破産申告の委任をするといったことをひとまず検討するのがよいでしょう。専門の司法書士や弁護士に依頼をした場合であればまず貸し手に受任通知を知らせる書類を送りますが、書面が届いたあと金融会社が借入者本人に対して直々に返済の督促を返済の催促を行うことは固く禁止されていますので勤務先に明らかになるなどということも一切ないと言えます。加えて破産の手続きを原因として現在の勤務先をやめなければならないのか、ですが公的な戸籍あるいは免許証に記されてしまうなどということは考えられませんから普通の場合だとすれば自分の同僚に知れ渡ってしまうようなことはありません。最悪、自己破産というものを行ったことが上司などに知られてしまったとことろで自己破産申請をしたこと自体を理由として役職から辞めさせることはできませんし、辞職してしまう義務もないと言えるのです。しかし、自己破産の申立てが上司などに露見してしまい、職場に居づらくなってしまい辞職してしまうという事態があるというのも本当です。月収の差押えにおいて、民事執行法内で差押禁止債権として賃金または給料といったものを制定されており、それらの財産に関しては4分の1しか没収を認めてはいないのです。従って、残りの75パーセントに関しては押収をするということは法律的に無理なのです。そして、民事執行法内で、ごく普通の家庭の不可欠な費用を計算して政令によって基準(33万円)を制定しているゆえ、それ以下は1月4日にあたる額だけしか没収できないように定めています。よって借りた人がその金額を上回る給料を手にしているケースはそれ以上の給与については全部仮押えることが可能だと取り決められています。ただし、破産に関する法律の改定により弁済に対する免責許可の申請があり、破産申請と同時に免責が決まる同時破産廃止適用などによる処分が認められ破産申告の完了が既に決定されていれば債務の免責が認められ確定するまでの間は破産した人の私財などについて強制執行や仮差押・仮処分などの適用が出来なくなりこれ以前に行われた強制執行などについても中断されるように変わりました。また、返済の免責が決定・確定されたときには時間をさかのぼって行われていた強制執行などは効力がなくなるのです。